ほら、腕相撲しよう??

みなさんこんにちは、タメ男です。

 

最近もまた暑い日が続いてますね・・・。

クールビズとはいうものの、新規客先などでは上着にネクタイと、

暑苦しい毎日ですが、めげずにいきましょう。

 

 

 

さて、私が出会った【古本屋の店長】話の続きです。

 

無事に?勤務初日を終え、私は2日目の出社をしました。

 

その店舗は朝11:00に開店で、15分前くらいから開店作業をします。

 

私が職場に行くと、すでに例の店長が開店作業をしており、

私に向かって、

店長「あ、来たんだ」

と、一言。

 

 

(はぁぁぁぁぁあぁ!?(゚Д゚;))

 

なんだ、そのセリフは・・・。

バイトなんだから時間に来るのは当たり前やろっ!!

と、嫌味ったらしく言われた私は、内心キレてました。

 

この日もレジに入り、内職をしていました。

 

 

すると、黒スウェットに金髪のギャル姉ちゃんが入店してき、

雑誌を私に差し出し、

 

ギャル姉ちゃん「あのぉ、本の中にガムが入ってたんですけど?そんなもの売っててこの店いいんですかぁ!?」

 

 

私「はぁ・・・」

 

いや、これ明らかお前が入れたろっ!!(゚Д゚;)

 

と、私は直感で思ってしまいました。

 

すると、裏から店長が出てきて対応をしてくれました。

 

店長曰く、その娘は常連で、嘘はつかないとのこと。

 

なんかすべてに違和感を感じて仕方ありませんでした。

まぁその審議は不明ですが(゜o゜)

 

 

で、通常業務に戻り、

私がなにか仕事を間違える度に、

 

店長「ほら、ミスった、やっぱりスパイだぁ」

と連発。

 

 

私(こいつ、やっぱい頭おかしいぃぃぃぃいぃぃぃぃぃぃ(゚Д゚;))

 

常に横にいて話しかけてくる店長のおかげで、

私は一切作業に集中することができずでした。

 

話を聞いていると、どうやら店長は自衛隊で、

バリバリの軍人だったと猛アピール。

(だからスパイとか言ってたのかと、あとで納得・・・)

 

力自慢をしたいのか、私にしつこく、

 

店長「ほら、腕相撲しよう?」

 

私「いや、いいです・・・」

 

店長「ほらっ、しよう」

 

私「いやぁ・・・」

 

店長「ほらっ、早くっ♪」

 

 

・・・

 

 

な、なんじゃこいつはぁぁぁぁぁぁぁぁああぁぁぁ(゚Д゚;)

 

力で押さえつけようとする、典型的な頭の弱いやつですね笑

 

私は腕相撲ですんなり負けに行き、満足させてあげました。

 

もうお分かりかと思いますが、

この店長はかなりのキチガイ野郎でした!!!(゚Д゚;)

 

 

結局、私は2日で精神の限界を感じ、次の日からバックレました。

無断欠勤したにも関わらず、なんの連絡もなかったので、

辞めてもいいと思われていたのでしょうね。

 

軍隊のように、洗脳できる部下のみを欲していたのだと感じます。

 

 

 

さて、次回はこのキチガイ野郎への対策をご紹介したいと思います!!!